セフレを募集したい人のパターン

セフレを募集したい人のパターンはプロフィールが肝心

セフレのプロフィール

セフレが欲しい!と思う人よりも、たくさんの女性と接していくうちに、自然とセフレになっていったというパターンの方が多いと思いますが、出会い系サイトでセフレを探す際に、セフレを探している自分が、どんなタイプの人で何を求めているのかを知っていくと、セフレを探しやすくなります。

 

出会い系サイトって、これほど効率よくセフレを探す場所は今後も存在しないのではないかと思えるほど、効率的で出会える確率もおどろくほど高いです。顔までわかるわけですから、メールのやり取りの段かいで、見た目を確認しておけば、はずれをひく可能性も下がります。

 

また、やり目はお断りとプロフィールに書いている女性が結構いますが、そもそも自分がセフレを求めているのか、恋人を求めているのか、わかっていない人も結構いるので、男性側の視点で話すなら、会って仲良くなってから、その人とどうゆう風にしたいのかを考えて行けば良いと思います。

 

真面目に恋愛するつもりでも、付き合っていくうちに、セックスの相性や性格の不一致などは必ず出てきます。そして女性はこう言います。体だけが目的だったのね・・・多くの男性はこの発言に心が傷つくものですが、結果だけ見ればそう見えても仕方のない場合まおりますから、まず自分の事を知り、何を求めているのかを明確にし、セフレを探すのが良いと思います。

 

逆にセフレから恋愛に発展するケースもありますが、トラブルは覚悟しておきましょう。

 

セフレとは?

 

好きなもの第一位は「男」、第二位「仕事」の私の幸せサイト生活

 

大きな声では言えませんが、私がこの世で一番好きなのは「男」、二番目は「仕事」です。私は今、アパレルメーカーで商品開発の仕事をしています。大卒で入社して、15年。「それなりのキャリアを重ね、それなりのポジションについて、責任は重くなったけれど、それに比例して仕事はどんどん面白くなっている状態」ということができるでしょう。
なので、結婚はまったく考えていません。私は女のくせにどういうわけか若い頃から子共にまったく関心がありません。「子供が欲しい」と思ったことは一度もないのです。その代わり、仕事は大好き。なので、仕事に悪影響を与えるにちがいない結婚は、私にとって「人生において意味のないこと」「しないほうがいいこと」なのです。
ただし、タイトルでも明言した通り、男は大好き。「好きな仕事よりも好き」なのが、男とのセックスです。そんな私が愛用しているのが、出会い系サイト。結婚を前提としない大人の恋人がほしい私にとって、出会い系サイトは、人生になくてはならない存在と言っていいでしょう。1出会い系サイトを利用するようになって、もう10年近くなります。最初は某大手サイトを1つだけ使っていました。けれど、「ほかのサイトも覗いてみよう」という好奇心から、今では5つのサイトに登録しているという「マニア」ぶり。我ながら「好きだなあ」とあきれてしまいます。
今、セフレ関係にある男性は3人。みんな30代の男盛り、私はこの年代の男性に一番惹かれるのです。
経験がそれなりにあって、体力も十分、エネルギッシュでテクニックも備えているのが、30代の男性ではないでしょうか。3人のうちには「巨根」の人もいれば、「テクニシャンタイプ」も、「回数で勝負タイプ」もいます。けれど、3人すべてに共通しているのが「エッチ好き」ということ。
3人のうち2人は既婚者、1人は独身ですが、とにかくみんなセックスが大好き。私も「超大好き」なので、うまくいっているのでしょう。まあ、3人の男を同時進行で相手にしている私が、一番のエッチ好きということになるのでしょうね。
【東京都|30代|女性|会社員(独身)】

 

むしゃくしゃして出会いサイトを使っていたらいつのまにかセフレが出来ていました

私は会社で出世が出来ず、その事を妻になじられる毎日を送っていました。それで私はむしゃくしゃしてしまい、その気持ちを晴らす為に出会いサイトを使うようになりました。

出会いサイトで直ぐにやらせてくれる女性を見つけてはセックスをして、どうにもならないむしゃくしゃを晴らし続けたのです。しかしある時一人の女性と出会いサイトを通じて知り合った事で、私の心は救われる事になりました。他の女性は私が愚痴をこぼすと嫌な顔をしたり、話しをそらしたりしたのですが、彼女は私の愚痴を真っ向から受け止めてくれました。そのおかげで私は心行くまで愚痴をこぼすことが出来、徐々にむしゃくしゃして心が和らいできたのです。私は愚痴をちゃんと聞いてくれる彼女の事が好きになり、何度も会うようになりました。彼女の方も愚痴をこぼす私の事を嫌う事無く、毎回会ってくれたのです。私はそんな心の広い彼女に心底惚れてしまい、彼女と寝たいと思うようになりました。
そこで私は彼女に、アプローチをしてみたのです。ココでも彼女は私の事を受け入れてくれ、一緒に寝てくれる事になりました。他の女性は荒っぽく抱きましたが、彼女の事は心底愛していたので、出来るだけ優しく抱くように心がけました。キスも軽めにして、胸も壊れモノを扱うように揉んだのです。そしてアソコに入れる時も、彼女の反応を見ながら、ここぞと言う時に入れました。私はそれから彼女が気持ち良くなるようにと、彼女のひだひだを優しくこする様に腰を動かしたのです。そのおかげで彼女は終始良い喘ぎ声を挙げてくれ、私よりも先にイッテくれたので、私もその後イキました。彼女は私のセックスを気に入ってくれ、セフレになってくれたのです。私は彼女をセフレにしてから、むしゃくしゃする事無く日々を過ごせるようになりました。
今の私にとってセフレである彼女は、精神安定剤代わりになってくれているので、手放すことができなくなりました。
「神奈川県:30代:男性:会社員」


ミントC!Jメールを試してみる(18禁) >>



・TOP ランキングへ戻る >>セフレ募集サイトランキング※アプリ等の評価・口コミを元にしたおすすめ【セフレ募集一筋】

関連ページ

セフレが作れるセフレ型の人間になれるのか?大切なこととは
セフレというのは、性癖、性欲の分野において開拓していく探究者だと思います。男性がこのタイプの男性にあこがれるのは、ある種わからなくもありません。
大人の付き合いのセフレに要求するもの
セフレを定義すると、シンプルなようで奥が深いものです。性癖には人によっていろんなものがあり、相手の妄想をどれだけかなえてあげられるかで、セフレと良好な関係を築いていく事が出来ます。
セフレ探しで出会う方法はあるのか。形にこだわらず探す
セフレとは言っても、都合の良い存在というわけではありません。セフレになってほしいと直接的な表現をすると、拒否られるケースも少なくないので、自然な流れでそうゆう風になっていったという形がベストだと思います。